先日、家族でKidZaniaに行って来ました。WeekDayだったのですが会社を早退して、、、^^;
(KidZania甲子園 http://www.kidzania.jp/koshien/

実は、妻が家族の服の購入によく利用しているセシールの通販で、KidZania甲子園の無料招待券(大人2名、子供2名)が当たる抽選に応募したところ当たったため、このときしか無かったというのがその理由です。
(とても忙しかったので、ちょっとヒンシュクでしたが)

それでも、以前から行きたいと思っていたので、当たったときはそりゃもう嬉しかったですね。

しかし、妻によれば「セシール会員としてネット通販を利用している」「年間5万円以上の買い物をしている」「子供がいる」「関西圏に住んでいる(甲子園なので)」という条件を満たしている家族で「650名に当たる」ということなので、確率的には高いだろうと踏んでいたようで、予想通りだったとのこと。(さすがお母さん!)

KidZaniaは、「こどもたちの、こどもたちによる、こどもたちのための」というコンセプトのとおり、こどもが仕事を体験し、お給料(独自の通貨キッゾ)を得て、それで買い物をするというとてもシンプルなテーマパークなのですが、そこに出店しているお店は全て実在の企業、ユニフォームも実際のもので、そこで作るものも本物。こだわりというかその徹底ぶりには驚くばかりです。
(→ http://www.kidzania.jp/koshien/about/index.html

1回の入場で4~5時間あるので、大体4~5のお店の仕事を体験できます。それで2人の娘は今回
  ライオン(http://www.lion.co.jp/)、
  森永製菓(http://www.morinaga.co.jp/)、
  ニッセイ(http://www.nissei-com.co.jp/
の3つを体験しました。
最初のライオンは歯医者さんで、あまり人気が無いためか特に並ぶこともありませんでした。
(なんで最初が歯医者さんなんだ?と娘に聞いたところ、歯を削りたかった、、、ということ)
で、次の森永製菓はさすがに人気で、30分ほど待ってやっと体験できたのですが、やはりこれが一番楽しかったようです。(なにせ大好きな「ハイチュウ」を作った上、それをもらえるんですから言うまでもありません。ちなみに出来上がったハイチュウは特大のものでした)最後のニッセイではアイスクリームを作り、これもGET。
楽しい仕事でお給料をもらい、さらに作ったものももらえるという、そりゃもうこどもにとっては楽しくて楽しくて仕方がないといった感じです。大人も体験してみたくなるほどですよ。

こどもも大人も、“また来たくなる” そういう空間でした。お店の数がとても多いので飽きることもありませんし、また何よりも印象的だったのが、スタッフ全員の笑顔。“入場者に心から喜んで頂きたい” という気持ちが感じられてとても嬉しかったですね。それからオープニングの時や時報のときに流れていたKidZaniaのテーマソングも耳に残る気持ちのいいメロディでした。(一番下の動画)

楽しかったひとときに「ありがとう」です。