Google Chrome ダウンロードサイトへ

2008年9月のリリース時に、ネット上で話題になったGoogle Chrome。

あれからはや半年が過ぎました。シンプルさを売りにした斬新なデザインと絞られた機能などについて色々な評価がなされる中、今日のニュースで「ハッキングコンテストで唯一の生き残りブラウザに」との見出しを目にしました。
関連記事

カナダのバンクーバーで3月18~20日に開催されたハッキングコンテストPwn2Own 2009で、賞金をかけたハッカーによるセキュリティ侵入のテクニックが競われたとあり、IE8やFirefox、Safari、Chromeなど主要なブラウザが試されたようです。

Safariは開始2分後にあっさりとハッキングされ、その後初日にIE8とFirefoxも撃破。しかしChromeは最後まで侵入できなかったとのこと。

アプリケーションとしての安定性は言うまでもありませんが、セキュリティの観点からもまさに “堅牢無比”のブラウザといえるのではないでしょうか。(言いすぎ?)

Webアプリを多用したサイトなどで特に重要な作業をするときは、このChromeを使っていますが、今後ますますあらゆる場面で活躍することになりそうです。

ところで、最近リリースされたIE8に搭載された履歴を保存しない「InPrivateブラウズ」と同じものがあります。シークレットウィンドウ(Ctrl+Shift+N)といって、このウィンドウでの作業ではブラウザの履歴や検索履歴を一切残しません。(ダウンロードファイルは残ります)

それにしても、その注意書きにはGoogleならではのユーモアが感じられますね。