IE8

や~っとリリースされましたね。(

FirefoxやSafari、Operaなどメジャー or マイナーなバージョンアップを繰り返している中、IEもβ1・2、RC1と足早に公開してきましたが、それでも本当に”やっと”という感じです。

で、早速メインマシンに入れてみました。

 

何はともあれ起動してみると、、、

起動が、早い!

びっくりするほど早い! これが本当にIEか?と思うほど早い! しつこいけどやっぱり早い!

レンダリングも早くなっているようですし、またJavaScriptエンジンも高速化が図られているようです。まぁ、これまでがあまりにもひどかったので当然といえば当然ですが、やはり評価すべきは、W3Cが定めるCSS 2.1標準に対して、市場にあるいずれのWebブラウザよりも多くのテストケースに合格している(MSによる)という点。これまでのバージョンでは、ひたすらに無視し続けてきたW3CのWeb標準に、今回はしっかりと従ってきたということが何よりです。

新たに搭載されたものとしては、機能面ではWebページ上のキーワードを選択してコンテキストメニューからそのキーワードに関連したほかのWebサービスにアクセスできる「アクセラレータ」、RSSフィードの一部を切り出してお気に入りに保存しアクセスを容易にする「Webスライス」、他にタブの色分けや閉じたタブの復元などが挙げられます。
また、セキュリティ面では履歴を保存しない「InPrivateブラウズ」、危険性のあるページやダウンロードに対して警告する「SmartScreenフィルター」、クロスサイトスクリプトティング攻撃対策の「XSSフィルター」などが挙げられます。

で、新しい機能よりも重要なのがレンダリングなんですが、実際にいろいろなサイトで検証してみたところ、そこそこ正常に表示してくれていました。一部のJavaScriptは、怪しい挙動をするものもありましたが、まぁこんなもんでしょうね。

前にRC1が出た時の記事でも書きましたが、どうしてもうまく動作しない時などは、IE7の互換モードもあり、さらにmetaにあるおまじないをすると閲覧ユーザーのブラウザ設定に関わらずIE7の互換モードで表示してくれる、ということでサイト制作側でエミュレートをコントロールでき、その点は評価できます。

Sleipnirをメインブラウザとして使っている私としては、とりあえずレンダリングエンジンであるTridentとJavaScriptエンジンが機能面や速度面で改善されていることはもちろんですが、何よりもまともにレンダリングしてくれれば、それで満足です。

 

# ただ一つ気になったことが、、、これまで(IE7まで)はtextarea内のテキストフォント
# について特に指定が無ければ基本MS P ゴシックだったのが、等幅のMS ゴシックに代わっ
# たような気がします。CSSでフォント指定する場合、若干注意が必要ですね