仕事でWebを相手にしているため、メインマシンには10近いブラウザが入っています。

ひと昔前まではブラウザというとIEでしたが、最近ではマニアでなくても様々なものを使うようになりました。Web開発者にしてみればこれほど面倒なことは無いのですが、、、。

それでもWeb標準の流れが本格化し、最新のブラウザであれば殆ど同じようにレンダリングしてくれるので一安心です。

最近の調査では、Firefoxを筆頭にOperaやSafari、さらにはGoogleChromeがそのシェアを拡大させているようですが、それでもなお、IEがNo1ですね。まぁWindowsに最初からバンドルされているので当たり前ですが、、、。会社のサイトで取っているアクセスログを見ると、IEでも7よりも6のほうが圧倒的に多い(約2倍)ですね。8はぼちぼちです。IEを使っている人は、そもそもブラウザ自体に関心は無く、バージョンアップなどするような人が少ないということでしょうか。

で、私がメインブラウザとして長年愛用しているのが、Sleipnir

Sleipnir

日本製のタブブラウザで、堅牢性、パフォーマンス、機能性、デザイン性、そしてカスタマイズ性、どれをとっても今のところこれに勝るものはありませんね。

レンダリングエンジンはIEのもの(Trident)を利用しており、その描画はIEとほぼ同じですので、IEを使っていたという人は殆ど抵抗無く移行できます。

今では当たり前になったタブ式のブラウザですが、Sleipnirは先駆的存在です。一度使ったら手放せなくなるほどIEとの差は歴然でした。IEは新規ウィンドウでリンクが開く時などは、どんどんウィンドウが増えてしまいデスクトップがややこしいことになっていましたが、このタブで一気にすっきりしてびっくりでした。IEも7からはタブ式に代わりましたが、その振る舞いはまだまだ中途半端なものです。(このSleipnirを探し当てた時、同じ日本製のタブブラウザでLunascapeというのもありましたが、パフォーマンスの点でSleipnirに軍配が上がりましたね。でも最近の最新バージョンではそこそこいい勝負をしています。)

さらにSleipnirでは、マウスジェスチャーなどの操作性やプラグインなどのカスタマイズ性も非常に充実しています。1日のうちで長く相手にするアプリなので、この辺のストレスを軽減してくれる機能は本当に嬉しいですね。

最近では、様々なブラウザがその完成度を増してきており、それぞれの特徴がはっきりしています。Firefoxなどは、Mozilla社が開発する古くからブラウザでのその豊富なプラグインの量はSleipnirをはるかに凌いでいます。またごく最近登場したGoogle Chromeなどは、”枠だけ”というそのシンプルさが度肝を抜きましたが、これからのWebのあり方を予感させる先見的なつくりになっています。

いずれにしても、Sleipnirのライバルは多くなりましたね。私も多くのブラウザをあらゆる場面で使い分けるようにはなりました。

が、やはりメインブラウザの地位は、Sleipnir ですね。

 

Sleipnirは、フェンリル株式会社が開発しているフリーのブラウザです。
関心のある方はどうぞ。

http://www.fenrir.co.jp/sleipnir/ (Sleipnir ホーム)

http://community.tabbrowser.jp/forum/ (コミュニティフォーラム)