カラーマネージメントとは、モニタ、スキャナ、プリンタ、印刷など、異なる機器(デバイス)間にあっても、可能な限り同じ色味を得るための総合的な技術、あるいは環境をいいます。

この色の違いについては、“何のこと?”という方もいらっしゃるかと思いますが、、、

自分の持っているインクジェットプリンタに出力して作成していたチラシのデータを、印刷会社に出してみたら、“なんでこんなに色が違うの?”という経験をされた方も実は意外と多いのではないでしょうか?

私はDTPオペレーターとして、お客様から“目の前の画面(お客様のPC画面)、もしくは(お客様のプリンタ)出力の通りに印刷してくれればいいんだよ”と、よく言われるのですが、このような場合説明にとても苦労します。

データの制作から印刷まで1つの環境で行っている場合はそんなに気にはなりませんが、そのデータをいざ別の環境に持って行くとモニタの色からプリンタ出力の色までこんなにも違うのか!とびっくりすることがありますよね。データは同じなのになぜ?ということなんですが、実は、それを表現(表示、あるいは印刷)する機器の個体差があるため、当たり前といえば当たり前のことなんです。

モニタ1つとってみても安物か高価な物か、新しいか古いかなどそれはもうまさに十人十色なんです。近くにもう1台のモニタがある方は、試しに同じデータを、同じアプリで表示して見ると分かります。同じメーカーの同じ型のモニタでも違いますよ。

 

じゃぁどうしたらいいの?ということになりますが、、、とりあえずモニタについて書いてみます。
なんと言ってもこのモニタが狂っていてはどうしようもありません。狂ったモニタを見ながらデータを作ってしまっては、大変なことになりますからね。

で、モニタの前に、、、「」のところでも書きましたが、色の見え方は周りの光に大きく影響を受けますので、この環境の色をしっかりとコントロールします。蛍光灯が最適ですが、その中でも色温度5000Kの高演色性蛍光灯(3波長昼白色蛍光灯でもいい)を使うといいでしょう。

その上で、モニターの色を正常な状態にするということになりますが、と言っても本格的に調整するには高価なモニタに調整機材、それに専門の知識が必要になりますので、ここでは簡単にできることを書いてみます。

まず、モニタ面を囲うように無彩色のカバーをつけるといいでしょう。その次にモニタ自体の色調整です。「キャリブレーション」ということですが、白がきちんと白になっているか(ホワイトバランス)ということと、グレーは赤や青に偏っていないか(グレーバランス)を見ます。モニタに調整ボタンが無いものの場合は、WindowsやMacOS自体にソフト的に調整機能がついていますので、それを利用することもできます。

キャリブレーションには専用のソフトを用いて「プロファイル」というものを作り、それをOSに当てることで、モニタごとの微妙なブレを補正するという方法もあります。

いずれにしても、DTPに携わる人においては、このモニタは最低限調整しておくべきでしょうね。