網点の干渉現象のこと。

2枚以上の版が重なり合う時に、網点の配列が干渉し合うことによって生じるパターンでモアレパターン、干渉縞ともいう。これを防ぐには、各版のスクリーン角度を適切な値に設定する必要があります。

他に、オフセット印刷などで印刷された網点の印刷物をスキャニングした画像を、再び網点での印刷をする時なども注意が必要です。原画が網点でそれを網点で表現するわけですから、そのままでは干渉が起きる可能性があります。

この干渉を防ぐには、画像に適度な“ぼかし”をかけることになります。しかし“ぼかし”の度が過ぎるとモアレは起きない反面、文字通りぼけたしまりのない仕上がりになってしまいますので、こちらも注意が必要ですね。