断裁の際に、断ち落とされる領域のこと。

印刷では、例えばA4サイズのチラシを作る場合、普通のプリンターのようにA4サイズの用紙を1枚1枚印刷機に通すのではなく、A2よりもひとまわり大きい紙(菊半裁)に4面配置して印刷をします。そしてインキが乾いた後、断裁機で一度に多くの枚数をズバっと切ります。断裁機では、束になった紙を上からクランプと呼ばれる「押さえ」で圧力をかけ、しっかりと固定してから、上から大きな刃で切るのですが、その際この刃がコンマ数ミリですが外側(内側)に流れることがあります。もちろんオペレータは細心の注意を払いますが、これは機械の精度上避けられない問題でもあるのです。 どうしても精度を上げる必要があるときは、少ない枚数で複数回に分けて切るということも出来ますが、それでも“全てピッタリに切る”というのは物理的に不可能なことなのです。

印刷物のデザイン上、上下左右に余白があるようなものであればいいのですが、仕上がり線の際までイメージのある(余白の全く無い)ものの場合は問題になります。仕上がり線までしかレイアウトが無いものであると、この刃の流れによって、微妙に白い余白が出来てしまいます。(下図は少し大げさに表現しています)

 

そのため、たとえ断裁がコンマ数ミリズレても白が出ないようにする必要があるのですが、このための処置が「塗り足し」です。仕上がり線よりさらに外側に3mm余分にあらかじめレイアウトしておくのです。トンボのところでも説明しましたが、いわゆる外トンボがまさにこの塗り足し位置を示しています。断裁が3mmもズレることはありませんが、まぁ3mmもあれば充分だろうということなのでしょうか...。

 

また、この塗り足し部分は断ち落とされる部分なので、当然切れてはいけない文字や部品などはこの領域に配置してはいけません。また、仕上がり線よりさらに内側3~5mmの領域にも切れてはいけないような重要な部品は配置しないようにする、というのも一応の決まりになっています。

印刷物のデザインをする上でこの「塗り足し」は覚えておくとよいでしょう。