断裁されたページの仕上がりを示す線。

ページの上下左右いっぱいまで印刷されるようなオブジェクトを配置したい場合、仕上がり線に合わせて配置すると断裁の具合によっては印刷されていない白い部分が出てしまう可能性があります。このためこうしたオブジェクトは仕上がり線よりも大体3mm程度はみ出させて配置するのが通例となっています。これを「断ち落とし(断ち切り)」といい、仕上がり線からはみ出させた部分を「塗り足し」と呼びます。この仕上がり線は、通常トンボ(内トンボ)で示します。

仕上がり線

※ 上図では仕上がり線が黒線ですが、実際はガイドなどで示し表示させません。