画像を切り抜くことをいう。

Adobe Photoshopでは、ベジエ曲線パスを作成し切り抜く範囲を指定できます。この切り抜く輪郭線のことをクリッピングパスといいますが、画像をEPS形式で保存するとこのクリッピングパスも含めることができ、Adobe IllustratorやAdobe InDesign、QuarkXPressなどに取り込んだ際、パスで囲まれたところだけが表示・出力されます。