画像を構成する最小の単位要素。ピクセルともいう。 デジタルカメラの仕様などで、700万ピクセルとか1000万ピクセルとか良く耳にする言葉ですね。要するにドットの数です。この数が大きいほど同じ解像度でサイズが大きく扱えることになります。