画像の最も明るい(薄い)部分から最も暗い(濃い)部分までの変化の段階のこと。

例えば、白と黒だけなら2階調となり、一般的なコンピュータなら256階調(8ビット)まで扱うことができます。RGBの各色についてそれぞれ256諧調変化させることができる場合、256×256×256=1,677万7,216色(フルカラー)が扱えるということになります。