カラーのイメージを、それを構成している色の要素に分けること。

カラー印刷では、通常CMYKの4色のインキを使いますが、それぞれに版を出して印刷するため、オリジナルのイメージをこの4つの色に分解する必要があります。特色を使用する場合は更に版が増えることもあります。

色分解されたイメージはそれぞれの色の版に出力され印刷工程にまわされます。