印刷物において色を構成する細かな点またはその集合。

印刷における原色はC(シアン:藍)、M(マゼンタ:ピンク)、Y(イエロー:黄)の3つですが、これにK(Key color:黒)を入れて4色でプロセスカラー(基本色)といいます。これらそれぞれの色の網点のかけ合わせで様々な色を表現します。印刷物をルーペ等で拡大してみてみると良く分かりますが、基本的にこの4つの色を使います(※)。

人の目は、この細かな網点のマジックによって様々な色に“見せられている”だけで、要するに騙されているともいえるでしょう。

網点網点

色の濃淡は、通常この網点1つ1つの大きさ(面積)の違いによって表現されますが、他に1つ1つの網点の大きさは同じ(かなり小さな点)で、その密度の違いによって表現されるものもあります。前者をAMスクリーニング、後者をFMスクリーニングといいますが、最近では両者の利点をあわせ持った技術も開発されています。(詳しくは「線数」へ)

※ インキを混ぜ合わせて上記の4色以外の色を作ることで特色刷りというものもあります。