safari4パブリックベータ英語版がリリースされましたね。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/25/news020.html

フレームも一新されメジャーなバージョンアップのようです。ところで立ち上げてみると

GoogleChromeにどことなく似てる! しかも 速い!


まぁ考えてみれば、Chromeと同じWebKitエンジンを使っているし(Safariが本家ですが)、そもそも AppleとGoogleは仲良しなので、、、。

それにしても、速い!

上の記事によるとJavaScriptの実行速度で現行のバージョン3の4.2倍、Firefox3と比べても3倍、さらにIE7と比較すると、、、なんとなんと最大30倍とのこと。(IEが遅い!)

また、これはバージョン3からですが、最新のWeb標準のバロメーターともいえるAcid2やAcid3のテストにすでに合格しています。実際、Acid3テスト(http://acid3.acidtests.org/)してみると、なんと100点満点ではありませんか! IE7やIE8では20点にも満たず、さらにChrome(1.0.154.48)でも70点、Opera(9.64)で85点、Firefox(3.1beta3)でも90点という訳ですから、いかにすごいかが伺えます。(恐るべしWebKit!)

Appleも間違いなくWebの世界を狙っていますね。

NEW Safari

英語版ですが、ダウンロードはこちらです。

http://www.apple.com/jp/safari/