5月29日夜7時50分、大勢の観客の見守る中カウントダウンと共に花火大会が始まりました。

毎年恒例となっている相生市の一大イベントで、翌日のペーロン競漕や陸上パレード・カーニバルとともにこの花火大会も多くの観客でにぎわいます。

今年も工夫を凝らした花火に大盛り上がりでした。

相生市は小さな街で普段はとても静かな街なのですが、この日の夕方は一変します。物々しい警察の警備の中、JR相生駅から花火会場までの長い列ができ、人で溢れ人口が2倍ほどになったんじゃないかと思うほどです。

今日は少し肌寒い夜でしたが、天気は晴れ、沢山の夜店が立ち並び、祭り独特の雰囲気をみな楽しんでいるようでした。うちの娘ふたりも浴衣姿で気分は最高!

 

毎年家族で見に行くのですが、今年は(初めて)事前に川沿いの観覧スペースに場所取りをして準備は万端。 自宅は早めに出て、途中の夜店に立ち寄り祭りの雰囲気をを満喫しながらのんびりと会場に向かうことができました。会場には1時間前に到着し持ってきた夕食を食べてあとは花火を待つだけ。とてもゆったりとできましたね。

花火は、10部に分けて全部で1時間ほどかけて行われましたが、今年も素晴らしい演出でとても盛り上がりました。 花火が打ちあがるたびに、その迫力と技術の高さに大きなどよめきと拍手。この大会に込められた花火師の方々の思いとこだわりがひしひしと伝わってきました。

 

それでは、相生の花火をお楽しみ下さい。
(最後の最後が見所なのですが、、、ちょっと切れちゃってます m_ _m)